ペットとお出かけ・車中泊編

ペットとお出かけ・車中泊編

 車中泊の時の注意点

キャンピングカーだからといって、どこでも寝泊まり出来るわけではありません。
一般道の路肩でキャンピングカーが止まって寝泊まりしていたら、とても迷惑ですよね。
車中泊の候補地として以下の3つの施設が思い浮かぶのではないでしょうか。

 1.道の駅

我が社も、車中泊時にいつもお世話になっている施設ですが、基本的にキャンプ場などの施設とは違い、仮眠程度の利用にとどめましょう。
中には、車中泊利用OKの施設もありますが、本来は運転の疲労をいやすための駐車施設です。
最近ニュースになっていますが、道の駅の駐車場をキャンプ場代わりに利用し、他車の駐車の迷惑になっていたり、道の駅のトイレや水道の施設を傍若無人に使用して、他の利用者に迷惑をかけたりしている方たちもいるようで、車中泊の利用を禁止している施設もあります。
道の駅を利用する際はこちらのサイト(https://www.michi-no-eki.jp/)で併設施設などの情報取得をすると、より楽しめると思います。

 2.高速道路のSA・PA

高速道路を利用中に、トイレに立ち寄ったり、お土産を物色したり、食事をしたり、急な眠気に襲われた時の避難などに利用できます。
ちろんキャンプ場ではないので、長期にわたって駐車したり、車の横にテーブルセットを広げたりなどはもってのほかですが、安全に運転するために眠気防止のための仮眠などは認められていますので、上手に利用したいですね。

 3.キャンプ場

キャンプ場の中で、キャンピングカーの乗り入れ可能な施設も少なくありません。
それぞれのキャンプ場によって異なりますが、キャンピングカー用の外部電源を利用できたり、汚水の排水処理ができたりします。
キャンプ場でしたら、テーブルセットを広げて、車外でのバーベキューを楽しんだり、ペットと野山で遊べるような施設もあります。
大切な家族との旅行ですから、楽しい思い出作りにはいいですよね。

 4. RVパーク

日本RV協会が推進 している 『快適に安心して車中泊が出来る場所』 です。
全国各地の道の駅をはじめ、日帰り温泉施設、オートキャンプ場や湯YOUパークに続々オープンしています。
駐車場での、仮眠ではない車中泊のための施設です。キャンプ場ではないので車外での調理とかはできませんが、周辺にある施設を上手に利用して車中泊を楽しめます。
詳細は『くるま旅』https://www.kurumatabi.com/rvpark/で設置場所などを検索できます。

我が社が車中泊で旅行をするときに注意しているところ

  1. 他の人に迷惑をかけないように心掛ける
  2. 就寝時にはドアロックを忘れない
  3. 仮眠施設のトイレは必ずチェックする
  4. 全ての人が動物を好きではないことを忘れない

皆さんも、周りのルールと、自身のルールを忘れずに、車中泊を楽しんでください。

ペット可のキャンピングカーレンタル

ペットとお出かけカテゴリの最新記事