埼玉県深谷市 道の駅はなぞの

ペットとお出かけ

史上初の10連休「ザ・ゴールデンウィーク」の疲れも抜けきらぬうちに、またまた、取材旅行に伺いました。
取材旅行と言っても、今回は総移動距離が130kmほどの日帰り取材でした。
向かった先は、埼玉県深谷市にある「道の駅 はなぞの」
朝7時半にベースを出発し、行きはのんびりと一般道を走ります。
代表の体調を気遣い、途中、2軒ほどコンビニの駐車場で小休憩を取り、午前10時過ぎに無事、到着しました。

関越自動車道花園インターチェンジから5分ほどの国道140号線沿いに位置し、駐車場も大型車用が42台、普通車当が367台と広めに確保されており、すぐお隣には、JAの農産物直売所、花・植木直売所や花園フォレストというスイーツテーマパークがあるので、旅行者のみならず、地元の方たちからも愛され賑わっています。

さらに、道の駅内には芝生が敷き詰められた「ひだまり公園」、大型犬用のゲージと小型犬用のゲージに分かれて利用できる「深谷ドッグラン」、深谷産の様々な野菜をふんだんに使ったお料理やスムージーなど野菜を中心としたココロ・カラダが喜ぶメニューを提供している「FARMY CAFE」、地元で生産された和菓子やお惣菜、農畜産物の加工品、お漬物の一大産地「深谷市岡部地区」のお漬物や、 秩父・長瀞のお酒など銘酒なども取り揃えている「R140ショップ」「ふかやセレクト」「ふかやコート」あり、親子連れからワンちゃん同伴の方まで、幅広くくつろぎ楽しめる道の駅になっています。

我が編集部としては、真っ先に代表の周辺パトロール(クン活)と「深谷ドックラン」のテスト&チェック!!
と行く前に、編集長のお土産処チェックが入ります。

30分ほどの編集長のお土産処チェック、代表と使いっ走りは表で待機です。

この日は天気に恵まれ、気温も35℃くらいになっていたので、まずは、芝生のひいてある「ひだまり公園」をパトロールしていただきました。

クン活パトロール中に、地元のビーグルさんとお会いし、仲良く匂い確認をさせていただいたのですが、使いっ走りが、写真を撮り忘れるという凡ミスをやらかしたので、ご紹介写真がありません。ごめんなさい。

地元のビーグルさんは、13歳のお嬢さんで、2代目のビーグルさんとのことでした。初代のビーグルさんは17歳8ヶ月で虹の橋を渡られたとのことでした。

うちの代表は、高齢のせいでお顔が真っ白(写真の通りですが・・・)なんですが、地元ビーグルさんの飼い主さんは、あまりに真っ白で、初めビーグルだとは思わなかったらしいです。(^^)

お友達とも仲良くなれたところで、本日のメインイベント、「深谷ドックラン」のチェックに行こうと思います。

先にもご紹介しましたが、こちらのドックランは大型犬用と小型犬用に分かれているので、どんなワンちゃんも安心して遊んでもらえると思います。

我が編集部がお伺いした時は、やはり暑かったせいか、先客0の貸し切り状態でした。

4年前に頸椎ヘルニアを患ってからは、他の子とのふれあいで万が一のことがあると、お互いに気持ちがよくないだろうと思い、ドックランを敬遠しがちでした。ですが、この日は貸し切り状態でしたので、少し勇気を出して、代表にドックランを楽しんでもらうことにしました。

初めのうちは久しぶりの自由すぎる状況に戸惑っていた代表ですが、少しずつ慣れていくうちに、マイペースで楽しんでいただけるようになりました。(^^)

代表のドックラン遊びを終えると、この取材の編集長的本命の「花園フォレスト」へ向かいます。といってもお隣なので、車で2分です。
もちろん、代表と使いっ走りは車の中で待機していました。
編集長のアイスクリームとおやつを仕入れて、帰路へとつきます。

「花園フォレスト」について、詳しくレポートをしたいのですが、なんせ車待機でしたので、なにも取材できませんでした。でも、アイスクリームは超絶美味しかったです。

帰りは関越を利用して走りました。もちろん、お約束の三芳パーキングエリアで代表の休憩を取り、編集長のおやつを仕入れ帰ってきました。

共有する