ペットとお出かけ・ご近所編

10-dec-2018

ペットとお出かけですが、目的地がペット可でも、そこまでの移動方法が気になりますよね。
そこで、いろいろと調べてみました。
まずは、JR。
基本的に有料ですが、ある程度の大きさまでは可能のようです。ただし、同乗できるペットの種類も制限があるようです。
同乗できるペットの種類は「小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)」で、
同乗の条件として、
・長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの
以上の条件に当てはまるようでしたら、普通手回り品きっぷ「280円」で同乗が可能とのことです。
詳しくは、JRおでかけネットを参考にしてください。
しかし、中型犬・大型犬に関しては、同乗は難しいようです。

路線バスイメージ

では、バスはどうでしょうか。
基本的に、大都市圏の路線バスは、無料で同乗できるようです。

都営バス(東京都交通局)


ペットを連れてバスに乗れますか?
車内への動物の持ち込みについて
動物の持ち込みは原則としてお断りしています。
ただし、盲導犬、介助犬及び愛玩用小動物(ペット)を除きます。
なお、愛玩用小動物(ペット)の持ち込みについては、他のお客様に不快感を与えないよう完全な容器に収容されている(頭や手足が出ていない)もので、手回り品の条件(縦・横・高さの合計が100cm以内・重さ10kg以内のもの。)を満たしているものに限ります。
※ペットカートについては、大きさが手回り品の条件を満たしていないのでご遠慮願います。
※ペット用スリングはふた付きのものでも、ご遠慮願います。
※ご乗車中は容器を開けないようお願いします。
(動物が苦手な方、アレルギーをお持ちの方もいらっしゃいますので、ご理解願います。)
大阪シティバス株式会社


ペットを連れてバスに乗れますか?
小型犬、猫、ウサギ、ハムスターなどひざの上で十分抱ける程度の大きさのペットであれば、かごやキャリーバッグなど蓋ができる容器に入れていただいた場合のみご乗車していただけます。
またご乗車の際には、鳴き声やにおいなど、他のお客さまのご迷惑にならないようにご配慮をお願いいたします。他のお客さまへのご迷惑、または運行の支障となると係員が判断した場合は、やむを得ずご乗車をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
身体障がい者のお客さまご自身が、「身体障害者補助犬法」で定められた盲導犬、介助犬、補助犬を連れてご乗車される場合は、一緒にご乗車いただけます。
名古屋市交通局(市バス)


ペットを連れてバスに乗れますか?
市バスでは、ペット(愛がん用小動物)は次の条件を満たしている場合には、お客さまといっしょにご乗車いただくことができます。
1.かご等の入れ物に収容されており、他のお客さまに迷惑をかける恐れのないこと。
2.かご等は、膝の上に乗せられる程度の大きさであること。
なお、盲導犬や聴導犬などの介助犬は、ペットとは異なり、同伴してのご乗車が法律上認められています。

上記のように、各交通機関で小さな違いはあるものの、小型犬や猫さんくらいまでの大きさであれば一緒にお出かけ可能なようです。
さすがに、中型犬・大型犬は難しいみたいですね。
次回は、お泊りお出かけの移動方法を調べてみたいと思います。



施設詳細
カテゴリー